Top > よん?

 ルルデ噴水前で開かれた「モンクは馬鹿じゃない」大会に、全国から4000人のモンクが集まった。

 「今日、私たちは全世界に向けて『モンクは馬鹿じゃない』ことを証明するため、ここに集まりました。  では、どなたか舞台に上がっていただけませんか?」。  大会委員長のこの言葉に、群衆の中から 一人のミスラモンクがおずおずと進みでて舞台に上がった。  委員長がたずねる、「15+15 はいくつですか?」。  ミスラモンクは、10 秒か 20 秒考えて言った。

 「じゅうはち」 。

 4000人のモンクたちは明らかにがっくり来たようすだったが、みんなで声援を送り始めた。  「もう一回 !!、もう一回 !!、もう一回 !! …」。  この声援に応えて委員長がいった。  「今日まで私たちは苦労に苦労を重ね、やっと4000人の皆さんをここにお迎えすることができました。  世界中のヴァナディール・トリビューンの記者たちが 取材に来ています。  そこで、彼らにもう一度チャンスを与えてもいいと思います」、そう言ってまた尋ねた。  「5+5 はいくつですか?」。  今度は 30 秒近くも考えてミスラモンクが答えた。

 「きゅうじゅう」 。

 委員長は困ったような顔をしてうつむき大きくため息をついた。会場の意気も上がらない。おまけにミスラモンクは泣き出してしまった。  しかし、これを見た4000人のモンクたちは両手を大きく振りながら叫び始めた。  「もう一回 !!、もう一回 !! …」。このまま進むと取り返しのつかないことになるのではと心配した委員長だったが、とうとう口を開いた。  「OK! OK! それじゃあ、もう一度だけ…。2+2 は?」。ミスラモンクは目を閉じ、ゆうに 1 分は考えてこう言った。

 「よん?

 スタジアムは大騒ぎになり、4000人のモンクたちは弾かれたように立ち上がり、みんなで両手を大きく振り始める。  そして、足を踏みならしながら叫んだ。

 「もう一回 !!、もう一回 !!、もう一回 !!、…」


飛空挺に乗っていた竜騎士が、仲間のモンクに提案をした。

「退屈しのぎにゲームをしないか?交代で質問を出し合って、答えられなければ相手に罰金を払う。 君の罰金は5ギル。私の罰金は・・・そうだな、ハンデとして50ギルでどうかね。」

「わかりましたにゃ。りゅーさんからどうぞにゃ。」

「連携の「核熱」の属性は分かる?」

モンクは黙って5ギル払った。

「勉強が足りないね。答えは火と光だ。キミなら片方でも正解にしてあげたけどね。」

「じゃりゅーさん、上にいる時は1、下にいるときは2、コレがなにかわかるかにゃ?」

竜騎士は必死に考えたが解らず、とうとう目的地に着いてしまったので、50ギル払って尋ねた。

「降参だ・・・答えを教えてくれ。」

モンクは黙って5ギル払った。


※出展は有名なアメリカンジョークの一説です。
 「ブロンドは馬鹿じゃない」でぐぐれ。
 Give her another chance!


Reload     Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Fri, 05 Oct 2007 00:43:02 HADT (4248d)